排水管洗浄は安全性が高い|問題を早期解決で現状回復

インテリア

色々な種類がある

便利なエレベーター

エレベーターには、いくつかの種類がありますが、一般的に我々が目にする機会が多いのは人用のエレベーターです。他にも荷物用や特殊な用途のエレベーターもあります。 特に人が利用する場合は、厳しい法律の規定により点検や保守が義務付けられています。私たちの命にかかわることから、その重要性は当然です。 法律によって詳細な規定があり、それらの規定に従って点検や保守作業が行われています。メーカーが行う場合と、独立した保守業者が行う場合があります。それぞれに長所がありますが、料金面でいうと独立系のほうが低価格でエレベーターの点検業務を行ってくれます。 独立系の業者に選んだ場合、メーカー系に比べ、一か月あたり2万円程度安くなると言われています。

点検を必ず行う必要がある

エレベーターの保守点検を委託する場合、通常、POG契約とFM契約の二種類があります。点検中心のPOB契約と予防保全を含めたより広範囲のFM契約です。当然FM契約の料金は高くなりますが、作業範囲や部品の交換コストなども考慮すると、単純比較はできません。 前述したように、エレベーターの保守点検は、法律で細かく規定されています。また作業にあたるスタッフについても専門知識を有する人間が管理責任者の監督下で行うよう決められています。 通常の定期検査に加え法定検査もあり、エレベーターの安全運行は法的に厳しく管理されています。どこの業者も規定に基づいた保守点検作業を行っていますが、実際に作業を委託する際には、経験や実績をよく確認したうえで選ぶことが重要です。